간행물

한국일어일문학회> 일어일문학연구

일어일문학연구 update

Journal of Japanese Language and Literature

  • : 한국일어일문학회
  • : 어문학분야  >  일어일문학
  • : KCI등재
  • :
  • : 연속간행물
  • : 계간
  • : 1226-2552
  • :
  • :

수록정보
44권2호(2003) |수록논문 수 : 17
간행물 제목
44권2호(2003년) 수록논문
권호별 수록 논문
| | | |

KCI등재

1본거선장과 상전추성의 논쟁 - 고문헌과 ナショナリズム -

저자 : 장도홍명 ( Nagashima Hiroaki )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 1-10 (10 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기

KCI등재

2『만엽집』 16번가에 잠재된 액전왕의 기분

저자 : 이미연 ( Mi Yeon Lee )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 11-30 (20 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

이 노래는 지금까지 題詞에 의해 天智天皇이 內大臣 藤原鎌足에게 命令하여, 「봄산의 asro한 꽃의 아름다움과 가을산의 단풍의 아름다움」의 정취를 조정의 대신들이 서로 판정하도록 했을 때, 額田王는 和歌로써 判定한 것으로 解釋되어 왔다. 그런데, 十六番歌는 「取る」라는 語가 三回 불리워지고 「置きてそ軟く」句도 結局 「取る」語에 구애되고 있어서 「取る」에 執着하고 있다고 볼 수 있다. 이것을 보면 額田王는 그 判定基準을 꽃이 아름다움과 가을산의 단풍의 아름다움보다 오히려 그것을 實際로 손에 들고 감상할 수 있는지에 비중을 두고 잇는 듯이 느껴진다. 게다가, 봄이 客觀的으로 불리워지는 데 반해, 가을은 「しのふ,嘆く,恨めし」라는 매우 感情이 깃들인 말이 사용된다. 그것은 十六番歌의 裏面에 額田王의 個人的인 감정이 투영되어 나타난 때문일 것이다. 本編는 이러한 관점에서, 이 노래가 불린 作家事情과 이와 관련하여 題詞에 보이는 「競燐」의 解釋과 作歌時期를 생각하고, 그 위에 當時 額田王과 둘러싸고 삼각관계에 있었다고도 일컬어지는 天智天皇·大海人皇子의 政治的狀況과 額田王의 天智天皇·大海人皇子에 대한 감정이 어떻게 오버랩되고 투영되어 있는지를 검토했다. 그 결과, 봄산에 관한 판단의 裏面에는, 표면적으로는 부인과 같은 위치에 있었지만 실제 부부관계에 있지 않았던 當時 陸盛期를 맞이한 天智天皇의 政治的狀況이 오버랩되고 額田王의 天皇에 대한 감정과 關係가 투영되어 그다지 깊은 정취와 隣情을 느끼지 못하고 객관적으로 불리워지고 있다. 한편, 가을산에 관한 판단에는 當時 政治的으로 역량이 있으면서도 약한 立場에 놓여 있는 저 남편인 大海人皇子가 오버랩되고 그에 대한 그리움과 한탄의 감정이 투영되어 있다. 그 때문에, 아직도 사모하는 감정을 갖고 있는 大海人皇子가 느껴지는 가을 산에 額田王는 정취와 隣情을 강하게 느끼고, 또 執着과 感情이 깃들인 말인 「しのふ,嘆く,恨めし」을 사용하고 있다고 생각된다.

KCI등재

3액전왕의 「기의 온천에 행복할 때」의 작가 - 말구의 「오가신하본」(권일,구번가)를 중심으로 -

저자 : 고용환 ( Yong Hwan Koh )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 31-45 (15 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

額田王의 九番歌는 처음 두句가 難訓이어서 바른 訓은 없지만 셋째句부터 그의미를 탐구해보기로 하였다, 먼저「瀨子」의 말이 皇子 關連의 노래에 그 例가 많은 것을 확인한 다음 皇子의 宮所으 歌로서 「宇治若郞子」의 노래와 그 性格을 推理하여보니 거기에는 鎭魂 慰靈의 部題에 속하는 노래임이 밝혀졌다. 다음으로, 王의 노래 七番에 있어서 우선 「美草」의 追求하여보니 赤人의 歌에서도 같은 趣向의 例句가 발견되었다. 즉, 이 노래들은

KCI등재

4『침초자』 소식의 일성격 - 풍류な 文の 色タ -

저자 : 김영 ( Young Kim )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 47-60 (14 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

「枕草子」の中に現れた「謎睹けの交」「からかいの文」「戱れの文」の考察を通し、「枕草子」の中における、擴大された意味の樣樣な消息の文付枝をもって、私的交流を深めつつ、織細で巧妙な趣向を凝らし、お互いに戱れ、酒落を競い合っていた風流な消息の文化が想像され得る。特に、「枕草子」文學の本質ともいえる「をかし」、「ゎらひ」と一脈通じる淸少納言の創作的な構成技法が日記的章段の中でも上のような消息に明らかに表現されていることが考察されるのである。

KCI등재

5평안시대의 효의식 - 『원씨물어』를 중심으로 -

저자 : 김종덕 ( Jong Duck Kim )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 61-76 (16 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

韓國の古典文學、「沈淸傳」、「興夫傳」、「春香傳」などで「孝意識」は「忠意識」とともに物語の最も重要な主題になる思想であった。日本文學においても「孝意識」が物語全體の主題になっている小說が現れるのは近世になってからである。 日本の平安時代の物語文學においては、「孝意識」ガ物語全體の主題になっているものはあまり見當らない。ところで、部分的に「孝意識」が主題を形成している物語は多い。そこで、本稿は日本の古代から平安時代の人は親孝行を如何に考えていたのかを考察したものである。特に『源氏物語』を中心に「孝意識」と物語の主題との關わりについて究明したものである。 古代においては「孝意識」よりも「色好み」がもっと理想的な美德と考えられたようである。つとに近世の本居宣長は日本の固有語(和語)に「孝」を表す言葉がないことを指摘している。しかし、和語がないからと言って、孝意識自體がなかったとは言えなぃと思われる。 古代の『俗日本紀』や中古時代の『枕草子』、『落窪物語』、『宇津保物語』などには、部分的に孝行譚が主題をなしている場面がある。特に『源氏物語』には「孝」の用例は少ないが、いろんな形の「孝意識」を主題にしている人間關係が登場する。しかし、平安時代の物語には「孝」よりも「忠」、「戀」が大事にされているか「孝」が戱畵化されている場合も少なくない。 そして「孝」の用例はなくても、『源氏物語』薄雲卷以後の冷泉帝のように、「孝」を實現する人物もぃる。冷泉帝は父光源氏に護位しようとし、太上天皇に准ずる位を授け、太上天皇と同じ待遇をしている。すなわち、光源氏の榮華が實現されるのは、冷泉帝の潛在意識にある孝心によるものであると言えよう。

KCI등재

6원씨물어의 『모녀』 - 부주모녀의 일탈적 관계와 그 의미

저자 : 김영심 ( Young Shim Kim )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 77-96 (20 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

源氏物語の正編の<實母-娘>の關係は<犧牲>と<服從>の關係である(桐壺更衣母と桐壺更衣、大宮と葵の上、一條御息所と落葉宮、夕顔と玉髮、明石尼君と明石の君、明石の君と明石の女御、六條御息所と秋好中宮)。 次に、<繼母-娘>の關係においても實母のように<慈悲>を見せる繼母、母性を遺憾なく發揮する繼母と實母より繼母にもっと親近感を覺える娘の樣相が描かれている。<繼子虛め譚>に見える相克と憤怒と被害意識を脫色させて尊重と愛情あふれる<繼母-娘>の姿を描くことによって<實母-娘>の關係における<美しい母女關係>の色を濃厚にしていくのである(故姬君と紫の上、紫の上と明石の姬君、玉髮と眞木柱)。 ところが、宇治10帖では多樣な<母女關係>が現れる。實母でありながら娘のことより自分の欲望を優先的に考える母、母に<服從>せず自分の人生を步んでいこうとする娘。字治10帖は<美しぃ母女>で表象される家庭イデオロギ-を破棄していくのである。 かつて源氏物語は「母性を禮讚した作品」とされてきた。しかしこの作品は實母の<負性>や<利己心>、そして娘の<反抗>を提示し、<美しく癒着している母女>に異議申し立てをしている作品でもあるのである。 このような敍述には源氏物認を讀む我我にもう一つの視線を寫えるという事に意味があると思われる。源氏物語はやや理想化し美化しかちであった。母性を具現した美しぃ物語だと。しかし、それは讀者の欲望に遇ぎないものであり、物語自體は<母性>や<孝>に收斂されないカオス的な世界をリアルに書こうとした。つまり單純化し定議してしまおうとする讀者の讀みに物語が抵抗しているのである。これから我我はそのような源氏物語の抵抗する內部の音に耳をすませなければならない。圖式化せず、單純化せず、定義せずに。

KCI등재

7『십훈초』의 설화언설고

저자 : 오찬욱 ( Chan Wook Oh )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 97-113 (17 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

『十訓抄』には、篇の主題から逸脫して태り、また逸脫するという現象が全卷にわたって見受けられるが、逸脫しやすいのは、大體詩歌說話か、または物語や傳說、故事という共通點を持っている。『十訓抄』の編者の出自や經歷は、今のところ未詳であるが、漢籍や詩歌、管絃歌舞などに詳しい人物であったのは確かである。このような貴族文化についての知議と興味が、敎訓書という目的指向的な著述の執筆を妨げる要因として동いていたと見える。線着の編纂意圖が單に敎訓の集成にあったならぱ、いくつもの例話を竝べずに、主な說話を一つだけ提示するころでこと足り得たはずである。しかし、主題に合わない說話群の存注は、執筆の途中、本來の意圖からはなれた逸脫が類多く行われていたことを物語っている。 つまり、敎訓の方便としての說話集の編纂を目指していた『十訓抄』の編者は、自分の連想作用と好みに振り回され、敎訓とは關わりのなぃ文學關系の說話を數多く取り入れることになり、その結果、非常に性格の曖昧な作品を作り上げることになったわけで、表面的には敎訓書を標榜しながらも、その實、詩歌說話集を指向しているのが『十訓抄』の說話言說の特徵であると言える。

KCI등재

8나쓰메 소세키 작품 『마음』에 나타난 일본 사회문화 연구

저자 : 권혁건 ( Hyuk Gun Kwon )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 115-133 (19 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

漱石の『こころ』を取り上げ、作品の中に表れた日本の社會文化に焦點を合わせて分析してみた。その最も核心なる部分を要約すると、次のようである。 第一に、日本の明治時代に存在した緣談の慣習は、韓國社會における緣談の慣習とは、大きな相違がある。 第二に、作品の主人公である「私」は、學問等を傳授してもらう關係ではないが、自分より十歲ほど年長の男の人を「先生」と呼んでいる。このような「先生」呼稱は、日本の社會では不自然ではないと思う。しかし、韓國の社會では、このような關係の場合、「先生」よりも「先輩」と呼ぶことが多い。 第三に、日本ではまっだく血緣的な關係のない人でも養子として受け入れる。ゆえに、作品の中で、血緣關係のない家に養子に行った「KJの姓が急に變わる。しかし、韓國では養子は必ず父系の親族で同姓同本の人を受け入れる。 第四に、この作品に表れた頸動脈自殺や割腹自殺は、日本的な自殺方法であると思われる。韓園の近現代文學作品に表れた自殺の方法を調べてみたところ、投身自殺と縊死自殺が多いことが分った。 第五に、以上のような日本社會の「緣談」。「先生という呼稱」。「養子」·「頸動脈自殺や割腹自殺」等は、韓國社會における文化と大きな相違があるため、韓國と日本の文化の違いについて知らない韓國の一般大衆が『こころ』を讀んだ時、作品の中に濃密に描寫された日本の社會文化をすぐには理解できないことを明らかにした。

KCI등재

9수석의 「인몽미인성」에 관하여

저자 : 진명순 ( Myung Soon Jin )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 135-153 (19 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

漢詩を書きはじめた漱石は明治22年の夏、親友正岡子規にあってから漢詩を本格的に交換することになる。早くから「人生」の問題を探求していた漱石はこの時期に子規との漢詩往來を通じて自分の內面と禪境を詠じるようになったのである。世俗から超脫して禪境に對する熱望と悟境に對する希求の心境を表現して子規に送った漢詩の中に「入夢美人聲」の漢詩句を殘している。夢のなかに入って美人の聲を接するため、以後漱石は自分の作品に多樣の表現でそれを試圖しているが、この「入夢美人聲」において「夢」と「美人」の眞意、また漱石の本意はなんであろうか。漱石は人間の慾心、名??などで腦まされている俗界から脫して理想にしている「絶對境地」を感得するのを「夢」でも實感してみたいという願望を表わしている。そして、その境地に入って美人の聲を聞く「夢」をかなうための修行が晩年まで續けられる。「入夢美人聲」の「夢」の意味は單純に睡眠中夢見る夢でをく、絶對境地を渴望する埋想鄕としての「夢」である。これは明治27年3月9日の漢詩句、「獨倚禪牀夢美人」に夢が座禪とともに用いられているのをみてもこのような漱石の作意が充分わかると思われる。 漱石が英國留學以後、十年ぶりに作った漢詩にも相變わらず「寂然禪夢底」といって、漱石の「夢」が「禪夢」であるのを明らかにしている。それは「心の正體」とはどんなものであるかという問題を悟ることである。「禪夢」として絶えず求めていた「絶對境地」に對する「夢」は長い間の禪修行によって實現され、死の前の漢詩にまで表わしている。「夢」とともにこの世の中のすべての分別を超越する超俗境である高逸の境地に至る絶對境、「心の正體」の象徵語として漱石は漢詩、小說などの作品で「美人」という語を用いたと思われる。また、「獨倚禪牀夢美人」の句には「美人」とともに「夢」、「禪」を表現して見性に對する懇切な求道を表わしている。したがって、「入夢美人聲」の本意として考えられるのは超俗境で接することができる「絶對境地」「悟りの境地」としての「美人」で、それは「心の正體」であり、「法身」であり、「見性成佛」その自體でああと思うことができる。そして、それを達成してその境地に入る「夢」で晩年の漢詩句「自笑壺中大夢人」は、漱石自分の一生において達成しようとした「入夢美人聲」の成就を詠じたもので「絶對境地」に入った「大事」を成した修行と悟りの禪境を表出していると言えるのであろう。

KCI등재

10가타이(花袋)의 종교소설의 의미 - 『어느 승려의 기적』을 중심으로 -

저자 : 마경옥 ( Kyoung Ok Ma )

발행기관 : 한국일어일문학회 간행물 : 일어일문학연구 44권 2호 발행 연도 : 2003 페이지 : pp. 155-172 (18 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

「人生上の行き詰まりからきた苦惱と、藝術上の不振からきた絶望」を語った「四十の峠」から、新しい方法を求めて、花袋は「低迷と模索」の時代を遇ごした。大正六年六月、花袋は自分の半生の縱括と人生の轉機とながる『東京の三十年』(大正六年六月)を書き下ろした。 その後、花袋は人生の危機」から「人生の轉機を意議して記述した評論と隨筆を書き繼いだが、これらには大抵宗敎への傾斜が見られる。小說としての展開は、大正六年九月『ある僧の奇蹟』、『殘雪』、『山上の雷死』などして見られる。 特に、『ある僧の奇蹟』について、松波治郎は、花袋の文學の「一轉機」を畵する作であり、「人間の心の不壞」を示した作と考え、自然主義からの轉換の契機を作っているという見解を示すが、的確な評價だと思う。 大逆事件という「社會」に目を向けた問題を一方に置き、一方には「個人」の問題として『愛欲」を置き、その中間にいて花袋は苦しんでいる。その時、ユイスマンにならって廢寺の生活をおくり、佛敎の眞意に近づぃた時こ「四十の峠」を過ぎた人間の「孤獨」「不安」「死」といった「心の虛妄」にかかわりあいながら、見つけ出した境地が、主人公·「慈海」の「覺醒」であり、そこから生まれて來る「奇蹟」は、彼の媛いであった。 一切を捨て、「出世間」、「無一物」の狀態に立ち入った時、『一卽他」「他卽一」の「法身」に到達でき、「金剛不壞」の境地に立つことが出來たのである。そのため、「佛敎」と「社會主義思想」と際立った對立を同時にいだいていた慈海が、結局、佛敎の「無一物」に救われ、それがややキリスト的な「覺醒」に流れ입み、常識的ではあるが、東洋と西洋の持つ、「奇蹟」と從來から持ちつづけていた「神秘性」の問題に取り組んで、「自然主義」的な立場から脫出しようとしたのである。 ヨ-ロッパ的思考と科學の權威から脫出し、「宗敎又藝術の根本義」であるという「自然」の非合理的な精神主義中に「渗入しで行く心がけ」であっだ。極端に言えば、西洋と東洋の對立からの脫出であった。 しかし、『ある僧の奇蹟』にしても、「融合」はあったが、以後の作品形成にどう關わったかまでは、まだはっきり見えていなかった。

12

내가 찾은 최근 검색어

최근 열람 자료

맞춤 논문

보관함

내 보관함
공유한 보관함

1:1문의

닫기